カプサイシンの効果③

高血圧を予防する効果

血圧が高くなる原因には、ストレスや喫煙、運動不足と並んで、食塩の摂りすぎが挙げられます。

高血圧を予防する効果

 

 

 

 

 

食塩の主成分であるナトリウムは、カリウムと一緒に細胞の水分を調節する働きがあります。
食塩を摂りすぎるとナトリウムの量が必要以上に多くなり、
水分のバランスが崩れ、血管の壁が膨張します。

また、ナトリウムの過剰摂取によって血管が収縮しやすくなり、
血管の通り道が狭くなるため、血圧が高くなります。

カプサイシンを含むとうがらしを料理の味付けに使うとうま味が増すため、
塩分の摂りすぎを防ぎ、高血圧を予防することができます。