ブログ

コバルトはビタミンB₁₂の構成成分の一つなので、コバルトを摂取するにはビタミンB₁₂を摂取するしかありません。ビタミンB₁₂は「神経のビタミン」ともいわれ、神経を正常に機能させて精神の安定に役立ちます...
コバルトは、体内に入るとビタミンB₁₂に変わり、造血作用に関わるミネラルです。赤身肉やレバー、乳製品、魚介類など主に動物性食品に含まれます。植物性食品でも、例外として納豆ともやしにはコバルトが含まれま...
コレステロールは悪者のように扱われていますが、実際は体内の細胞膜を構成している成分で、私たちが生きていくためになくてはならないものです。コレステロールには、LDLコレステロールとHDLコレステロールが...
クロムは、血糖値を下げる「インスリン」というホルモンの働きを助けるミネラルです。血糖値、コレステロール値を正常に保ち、生活習慣病を予防する働きがあります。食べ物では、穀類、海藻類、魚介類に多く含まれ、...
プリン体は痛風の原因となるイメージがありますが、プリン体自体は、細胞の核酸を構成する重要な物質です。しかし、プリン体から生成される老廃物である尿酸は痛風を引き起こすと考えられています〣( ºΔº )〣...
モリブデンは、がんもどきや納豆、豆腐、ナッツ、魚や肉など、タンパク質全般に含まれる栄養素です。プリン体など、体に要らなくなったものの排泄を手伝っています。とても吸収されやすいミネラルで、通常の食生活で...
骨や歯の成長を促したり、関節の結合組織の形成、タンパク質やDNAの合成に関わる酵素の補酵素として働くマンガン。さらに、性ホルモンに深く関係しているとも言われ、マンガンが不足している酪農地帯の牛の受胎率...
マンガンは「愛情ミネラル」とも言われ、人間の成長や生殖機能に深く関わる栄養素です。土壌中に含まれるミネラルで、お茶や穀類、種実類など、植物性食品に主に含まれ、キアヌやアマランサスなどのスーパーフードに...
セレンを最も多く含む食品群は魚介類ですが、古くから魚を食べる食習慣のある日本人にとって、セレンは不足することが稀な栄養素と言えるでしょう。また、日本の土壌にはセレンがが豊富に存在しているので、そこから...
セレンには抗酸化作用があり、老化を防ぐ働きがあります。ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用がありビタミンといっしょに摂るのがオススメです。セレンは日本中の土壌に含まれているため、通常の食事で不足する...