2021年 10月

β-カロテン人参やカボチャなどの緑黄色野菜に含まれます。体内でビタミンAに変換されます。  α-カロテン人参、カボチャ、グリーンピースなどに含まれます。強い抗酸化作用があり、老化防...
カロテンとは、食べ物に多く含まれる黄色、橙赤色、赤色などの色素成分のことです。野菜に含まれるβ‐カロテンやリコピンがよく知られていますが、カニ、エビ、サケなどに含まれる赤い色素のアスタキサンチンなど、...
カカオマスポリフェノールチョコレートやココアの原料であるカカオ豆に含まれます。ピロリ菌や病原性大腸菌の増殖抑制、虫歯予防、ストレス解消に効果があります。  ヘスペリジン、ナリンゲニ...
クロロゲン酸・カフェ酸コーヒー特有の香りと色の成分。コーヒーを焙煎することによって、クロロゲン酸がカフェ酸に分散されます。肝ガン、肝硬変の予防など。 カテキン緑茶に最も多く、番茶、紅茶、烏龍...
ショウガオール生姜の辛味成分ジンゲロールは、加熱するとショウガオールに変化します。鎮痛作用、抗菌、血行促進作用などがあります。 大豆サポニン大豆や大豆製品に含まれる苦みや渋みなどの成分。強い...
アントシアニン プルーンやブルーベリー、柿などに含まれる赤~青色の色素成分。血行の改善や視力回復などに効果があります。  ゲニステイン、ダイゼイン無色~淡黄色の色素成分で、女性ホル...
ルチン柑橘類や蕎麦に含まれる淡黄色の成分。毛細血管の強化作用があり、心臓、動脈硬化、高血圧を予防します。   クルクミンターメリック(うこん)やマスタードに含まれる黄色い...
ケルセチン玉ねぎ、ほうれん草、ブロッコリーなどに含まれる淡黄色の色素成分。LDLコレステロールの酸化防止、心臓病予防などの効果があります。   ナスニンナスの皮に含まれる...