ブログ

ビタミンKは、出血したときに血を止める働きをするため、‟止血ビタミン”とも呼ばれます。食べ物では、納豆やモロヘイヤに特にたくさん含まれます。また、カルシウムを骨に取り込むのを助ける働きもあるため、カル...
ビタミンEには血液をサラサラにする効果もあります。血行が改善されれば、冷え性の予防にも効果が期待できます(*・∀・)ゞ衣をナッツに変えて美肌にフライはパン粉のかわりに砕いたナッツを衣にすれば美肌効果ア...
ビタミンEは若返りビタミンとも言われ、アンチエイジングの強い味方~(=^・ω・^)ノ◎~活性酸素を取り除いてくれるので、疲れたときやストレスがたまったときにも積極的に摂りたい栄養素です。また、ビタミン...
シイタケなどのきのこ類には、エルゴステロールという成分が含まれていて、紫外線に当たることでビタミンDに変化します。市販の干しシイタケは機械などを使い、紫外線に当てていないものが多いので、自家製するのが...
ビタミンDは日光に当たることでもつくられる珍しい栄養素です。毎日数分、日光に当たるだけで十分ですが、過度に日焼け対策をしていたり、長い期間日光の当たらない屋内で過ごしていると、骨がもろくなったり、精神...
カルシウムは骨や歯の材料になるだけでなく、血液に溶け込んで心臓や筋肉を正常に動かすためにも働いています。血液中のカルシウムの濃度をちょうどよく保つのもビタミンDのたいせつな役割なのです。魚✕乳製品の組...
ビタミンDには、食品に含まれるカルシウムの吸収を助けたり、体内でカルシウムが働くためのサポートをする役割があります。カルシウムの多い食品を食べるときは、きのこや魚介類などのビタミンDを多く含む食品をい...
ビタミンAは、油脂に溶ける性質のある「脂溶性」ビタミンです。脂溶性ビタミンは油脂と一緒に食べることで吸収率がアップします。動物性のものは食品自体に含まれる油で十分ですが、野菜など植物性のものは、肉や魚...
ビタミンAには、摂り過ぎると肝臓に蓄積され、頭痛や吐き気、脱毛などの過剰症を引き起こすことがあります。レバーなどの動物性食品からのビタミンAの摂り過ぎには注意しましょう。 鶏レバーは少量で手軽にビタミ...
ビタミンAには、うなぎやレバーに含まれる動物性の「レチノール」と緑黄色野菜に含まれる植物性の「B-カロテン」があります。B-カロテンは、体内で必要な分だけビタミンAにかわる性質があります。豚や鶏のレバ...